社会人の英語勉強法

↓応援クリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 英語ブログへ

自己紹介

 

以前、 「Versant初めての受験の事前準備と直前対策」という記事を上げたところ反響がありましたので今回は英語の勉強法一般について纏めました。

私の英語スペックは次の通りです。

           
試験名 点数 受験時期 点数のTOEIC L&R換算
TOEIC L&R 925点 10年前925点
TOEFL 84点 4年前770点
Versant 63点 1年前930-960点
TOEIC Speaking 180点 半年前975点
※点数換算は、それぞの主催者団体の公式ホームページによる。

大学の学部生の頃の初受験760点から始まり、社会人数年目で925点まで上げて卒業したTOEIC L&R以外は、受験回数1回です。直近に受けたTOEIC Speakingが最も高得点でTOEIC L&R換算で975点でした。


英語と年収の関係

両者の関係は言うまでもないのですが、人材紹介会社のDODAが次の通り調査をしていました。TOEICの700点以上からTOEICの点数と年収に正の相関がみてとれます。

出所:DODA TOEICスコア別平均年収(2013)

英語の4技能の優先順位


言語学の研究者の間では統一見解なし

「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」のうち、「リスニング」と「リーディング」が受動的な技能、「スピーキング」と「ライティング」が能動的な技能と分類可能ですが、この4技能の優先順位については大学の先生の間でも見解が分かれております。(例えば、Research Gateにおける研究者の議論“Which skill is more important in language learning, the speaking skill or the writing skill?”

上記サイトの投票では

“It depends on the context in which the learner manifests his/her usage of language.(学習者の目的によって異なる)”

との見解が最も賛同を集めております。続いて、

“I would rate listening comprehension as the most valuable skill. Learners can begin hearing the language and processing it before using the other three skills.”

としてリスニングを最重要としたSamFord大学のJoanna Bradley先生の見解が賛同を集めております。日本語の英語学習に関するサイトでも、リスニングを筆頭とする意見は多いですが、3位以下は意見が割れます。


社会人にはリスニングとスピーキング

私見ですが、DeepL翻訳などのAIを使った翻訳ソフトの精度が非常に高まり、今後もAIが学習を続けることによって益々精度が高まることを考えると、社会人におけるリーディングとライティングの重要性は相対的に低下していると考えています。また、リスニングとスピーキングは即応が求められるので翻訳(通訳)ソフトを介する時間的猶予がありません。

加えて、上記の大学の先生の見解に近いですが、乳幼児が母国語を覚えて使う順序が、1.リスニング、2.スピーキング、3.リーディング、4.ライティングであることからも、社会人においてもこの順序の学習が効率的であると考えられます。

リスニングとスピーキングが受動的な技能と能動的な技能のセットで大きな括りで第一順位、リーディングとライティングも受動的な能力と能動的な能力の技能の対で、大きな括りで第二順位とすると、下記の表のように整理することができます。



私はTOEICが700点代だった大学(学部)の頃までは、リーディングが筆頭で以下3技能同列でしたが、社会人になってから、とくにTOEIC(L&R)換算の点数が大きく伸びているここ数年はまさに上の順序に従って学習をし、大きな手応えを感じております。

社会人の英語勉強法


ようやく本題です。社会人の皆様は本来の業務が大変お忙しく、勉強することも多く英語だけを勉強する時間がないことが多いと思います。

リスニングを重視し、英語のための英語の学習をしない

そこで、まずは本来の業務に係る学習を英語にて、とくにリスニングでインプットすることをお勧めいたします。ビジネスが国内の法律、税法等に係るものでない限り英語を通じて学習をすることは可能だと思います。とくに、元々海外からの輸入で日本でのビジネスが発展した金融やIT業界にお勤めの方は、この方法との相性がいいと思います。媒体は私はyoutubeを使っています。以前は有料の海外の音声コンテンツを使っていましたが、ここ数年youtubeでのコンテンツが非常に充実しましたので、有料コンテンツは解約しました。出社の場合は通勤中に、在宅勤務の場合は勤務の前後に家事等をしながら、聞くことができます。

以下は、参考までに私が登録しているyoutubeチャンネル(主にエンジニア界隈)です。


  • Dev Ed(エンジニア)
  • The Futer(デザイン)
  • Tech Lead(シニアエンジニアとビジネスの中間)
  • TensorFlow(文字通り)
  • freeCodeCamp(エンジニア)
  • Programming with Mosh(エンジニア)
  • mayuko(日系アメリカ人のエンジニア)
  • Traversy Media(エンジニア)
  • Clever Programmer(エンジニア)
  • Stanford University School of Engineering(文字通り)

ビジネスでは世界中の方とコミュニケーションをとる必要があるので、リスニングでは心地のいい英語(自分の場合はアメリカ人の英語)だけでなく、心地のよくない英語(自分の場合はイギリス人やインド人の英語)にもなるべく時間を割くようにします。また、音質の悪いyoutubeも、より実践的場面(電話)に近いなので、リスニング力強化の観点からは貴重です。


シャドーイングを通じたスピーキング


スピーキングでは、上記リスニングに合わせて、時々シャドーイングをしています。シャドーイングとは、耳から入ってきた英語を、同時にそのまま話すトレーニング法で、日本でも多くの方が推奨しています。聞き取った音の意味が分からない場合でも、いったんは聞こえたままを話します。知らない単語のこともありますが、知っている単語の音に慣れていないことが原因のことも多いです。

シャドーイングは、負荷が大きいので何かのついでにはできないのですが、リスニングとスピーキングを同時にトレーニングできます。もちろんスピーキングでは自分にとって心地のいい英語に特化すればいいと思います。またリスニングを軸にしつつ、シャドーイングを通じてスピーキングを鍛えることで発音がとてもよくなります。私のVersantのスコアでも発音で最も高い得点をとっています。また、私は半分以上英語の学習目的で、youtubeを時々英語で配信しています。

Facebookコミュニティーを通じたリーディングとライティング

ライティングは仕事のメール以外では、社会人はなかなか機会もなく時間もとれません。私はMediumに英語で投稿したことがあり、SSRNに英語の論文も投稿したこともあるのですが、それぞれ1回限りで継続的な学習にはなっておりません。本ブログも、他方で日本語の能力を下げないためにあえて日本語を選んで書いています。

そこで私は、英語のリーディングとライティング能力の維持向上にFacebookコミュニティーを活用しています。Facebookのコミュニティー機能は、海外ではよく利用されており、様々な分野のコミュニティーに無料で入れます(ただし、多くは管理者による承認を要する)。Facebookのコミュニティーで使われる英語は、ニュース英語ほど堅くない一方で、ビジネス目的のフリーランスの人も多いことから、口語ほど砕けることもなく、ビジネス英語に使いやすい表現が多いように思います。私は時間があるときはスマホで投稿に目を通して情報収集する他、時々投稿や返信をしています。

以下は、参考までに私が加入している海外の無料のコミュニティーです(最後の2つは、有料で参加したオンラインコースに伴うコミュニティー)。


  • ReactJS Expert Community
  • React.JS developers-2021
  • React.js Developers
  • ReaftJS, React Native, GraphQL, Relay
  • ReactJs for beginners
  • NodeJS developers
  • Profit with JavaScript(有料)
  • Learn Design and Go Freelance(有料)

その他、日本語での読書と同じように、海外で気になる本があれば米国Amazonから仕入れて読むこともあります(あるいはKindle)。私は最近だと、大ベストセラーで日本語にも翻訳されているAtomic Habbitsを読みました。

息抜きや趣味の領域での英語

英語を飛躍的に伸ばす上で最も重要なことは、息抜きに英語を取り入れることかもしれません。英語を勉強の対象とだけ捉えると、仕事や育児で疲れ果てているところで余力がなくなるので、一日のうちで英語に充てることができる時間が少なくなります。そこで息抜きを可能な限り英語化します。

例えば映画や洋楽が好きであれば、youtubeの他、netflix、spotifyなどでいつでも英語での息抜きが可能です。またyoutubeではゲーム実況も、スポーツ解説(ニュースでなくて自分がする方)もされているので、およそどんな趣味でも対応するチャンネルを見つけることができそうです。私はWeb開発も趣味化していますが、息抜きに洋楽を聞きます。息抜きですので自然に歌うことはあっても無理なシャドーイングはしません。息抜きや趣味の領域に英語を取り入れると、一日のうちの一人の時間がほぼ英語化しますので、英語の力は飛躍的に伸びます。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。